BLOG

ハードスタイル・ケトルベル・ワークショップ

2019/05/21

6月9日(日)、11時~14時の180分間、SFG認定ハードスタイル・ケトルベルインストラクターの小野卓弥先生を招いて格闘技・コンタクト系スポーツでの「立ち技と立ち姿勢の基本身体能力の向上」 を目的としたハードスタイル・ケトルベル・ワークショップを吉祥寺支部で開催します!
セミナー料金は大道塾生に限り特価の3000円です!

◆◆◆◆◆◆◆◆

【テーマ】
★格闘技における、立ち技・立ち姿勢の能力向上を
 ハードスタイル・ケトルベル・トレーニングと方法論によって達成する。

==============

・格闘技における、立ち技・立ち姿勢の能力向上に必要なものは何か?
  ▲
 を、明らかにする。

・格闘技における、立ち技・立ち姿勢の能力向上の為の補強トレーニングに関して
 必要なプログラム、週間頻度、1回あたりの時間、スケジュール、ゴールまでの期間
  ▲
 を、明らかにする。

・格闘技における、立ち技・立ち姿勢の能力向上に取り組む時に発生する疲労に関しての
 ≪除去≫
 ≪溜めない≫
 ≪疲労を活用する方法≫
 ≪負傷してしまったアフターフォロー・強化と保護≫
  ▲
 これらを知り、身体能力向上を邪魔する「疲労」との適切な交際方法を知る。

◆◆◆◆◆◆◆◆

【内容】

1:座学(10分)

・ケトルベルとは何か?
・ハードスタイルとは何か?
・身体能力とは何か?
・立ち姿勢で必要な身体能力とは何か?
・なぜ、ケトルベルを使用する?
・ケトルベル使用のメリットとデメリットを知る。

※ここから実践
2:ハードスタイルの方法論と技法をもって

▼強力な出力を獲得し、強力な出力を持続し、強さを得るための柔軟性ある身体を作る方法論と実際
・『正しい姿勢』の意味と実際、使用法を知る。
・ここで差が付く!意外な部分について。
・まずは身体的ロックを解除することについて。
・柔軟性獲得は、ローテーションからスタートするべき!
・ヒューマンボディとしての基礎を作り、リセットすることを継続する。
・スタミナは、数値ではない。
・強さは○○で作り、誰でもが得られる。
・どなたでも出来る、成長を継続するコツ。
・全てがここに還る:完全立位=ポスチュアーについて。
・格闘技に直結するパワーブレスについて。

※種目以前のファンダメンタル(基礎)

●名称とキーワードについて:ご記憶いただくと、トレーニングがスムーズに行なえます。

・グリップ
・ブレス(パワーブレス)
・セントレーション(中心化)
・エクステンション
・イーブン
・バランス
・加速
・グラウンディング
・バーチカル(垂直)
・パラレル(水平)
・バリスティック(弾道≒加速という意味で、英語圏で使われます)
・グラインダー(無反動動作)

3:基本種目学習=これらの習得だけで、世界レベルの身体能力獲得も実現

・デッドリフト:3種類=基礎動作の獲得

・ゴブレットスクワット:3種類=姿勢、呼吸、静止動作、腹圧の獲得

・スィング:3種類=加速動作と足裏からの動力獲得(特にパンチ強化)

・フルテンションローイング:3種類=基礎の体幹部強化

・ネイキッド(徒手という意味)種目
◎プッシュアップ:3種類
◎ネイキッドスクワット:3種類
◎体幹部種目:3種類=簡単な道具を使って。

・柔軟性向上種目
◎3種類=アームバー2種類、ブレッツェル


4:身体能力の考え方と作り方を明確にしたスケジューリングとプログラム

▼向上させる能力:絶対と相対を明確にする。

・スーパーセット:心肺型
・スーパーセット:ストレングス複合型
・スーパーセット:競技プラスアルファ型
・スーパーセット:ボディ調整型
・スーパーセット:疲労除去型
・スーパーセット:柔軟性向上型

5:身体能力向上の時に忘れがちなものについて

▼明確にするべきこと

・疲労の種類、除去、予防、利用、負傷との関連
・生活サイクルと身体能力向上
・意識の作り方と変化が、身体能力に及ぼすもの
・目指すゴールの普遍性と変動性について
・週2日~3日の補強トレーニングでも大きく成長できるということ!

===========

【服装・持ち物】
1:トレーニングできる服装
2:足底部が極力フラットなトレーニングシューズ
(裸足でもけっこうです)
3:タオル(フェイスタオル、こちらは必須です)

選手だけでなく中高年にも効果が出やすく疲労回復にも役立つケトルベルセミナーに皆さんの参加をお待ちしてます(^^)

只今、春の入会キャンペーン中につき入会金無料!
ブログを見たと一言もらえればビジター料金3000円も無料になります!